沈着したメラニン色素を薄くする『ハイドロキノン』の効果とは?


日本女性の肌の悩みで多いのが、シミです。
シミは、メラニン色素が肌に沈着してできる斑点です。
紫外線や加齢、ホルモンバランスの乱れなど、様々な原因によって発生します。
シミには、様々な種類がありますが、最も多いのが老人性色素斑と呼ばれるシミです。
シミは、種類によって治療法が違ってきます。
また、複数の種類のシミが同時にできている状態の人もいるので、信頼できる皮膚科の医師に、肌の状態を診断してもらってから治療を受けることが大切です。

皮膚科で人気の高いシミ治療

数あるシミ治療の中で、非常に人気が高いのが『ハイドロキノン』を使った治療方法です。
ハイドロキノンは、イチゴやコーヒーなどに含まれている天然の成分で、還元作用があります。
還元作用があるため、写真の現像にも使われていたのです。
還元作用というのは酸化を抑える作用です。
人間は、加齢によって老化が進みますが、老化は、体が酸化することも原因のひとつだと言われています。
ハイドロキノンは、アメリカでは有名な美容成分で、多くの女性が使っています。
日本でも、2001年の薬事法の規制緩和のおかげで、化粧品に使うことができるようになっています。皮膚科医にも見せにくいから自分でケアしたい箇所で言うと「乳首をピンクにする方法」などで検索するとハイドロキノンを使用している人も多い模様です。

ハイドロキノンの効果・働きは?

ハイドロキノンは、メラニン色素を生成する酵素の働きを阻害します。
また、メラニン色素を生成するメラノサイトにも働きかけるため、メラニン色素を減らす効果が期待できるのです。
シミの予防ができ、さらにすでに肌にできてしまっているシミの解消にも役立ちます。

ハイドロキノンクリームの使い方


クリームは、洗顔後の清潔な肌に塗布します。
洗顔直後は、角質層に水分が含まれた状態なので、クリームが浸透しやすくなっているのです。
シミができていない部分にクリームが付着すると、肌トラブルの原因になることがあるので、シミがある部分だけに塗布するようにします。
綿棒を使うと、ピンポイントにシミの部分にだけクリームを塗ることができます。

用法・用量を守って使用することが大切

刺激が強いクリームなので、使う時には医師に言われた指示を守って使うことが大事です。
紫外線を浴びるとシミが濃くなるリスクが高いので、家にいる時でも紫外線対策を行うようにします。
ハイドロキノンクリームは酸化しやすく、開封後に放置していると劣化する可能性が高くなります。
ですから、必ず使用期限を守ることはとても大切なのです。
使用中に炎症やかゆみ、湿疹などの肌トラブルが起きた時は、すぐに使用を中止して、医師の診断を受けることが大切です。